あなたの研究を心よりサポートする共同利用施設

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.086-256-8473
トップページ > 機器紹介 > 電子スピン共鳴装置

機器紹介Instruments

電子スピン共鳴装置

 概 要Outline

 磁場中に置かれた不対電子が、ゼーマンエネルギー分裂に相当するエネルギーのマイクロ波を吸収する(電子スピン共鳴)ことを利用して、物質中の不対電子を測定する装置である。不対電子のまわりに存在する、磁気モーメントをもつ原子核による超微細構造などを手がかりにして、ラジカルの種類を特定し、その量を測定できる。また、同様に結晶中の常磁性格子欠陥の構造を決めたり、それらが放射線によって生成することを利用して、試料の過去の被曝線量を計測して事故被曝線量を求めたり、自然放射線による被曝線量から地質学的、人類学的試料の年代を求めたりできる。
 粉末試料の場合、標準の石英試料管に入れて測定するが、ゴニオメータ(一軸)による単結晶の測定、特殊セルを用いることによって水溶液の測定も可能である。

 性 能Performane

名称(略称) 電子スピン共鳴装置(ESR)
型番(メーカー) JES-PX2300 (日本電子)
検出感度 Xバンド連続波測定による検出感度 7×109 spin/G
Xバンドマイクロ波出力 0.0001-200 mW
磁場 最大磁場 1.3T  
分解能 磁場設定分解能 2nT
その他 オートチューニング  標準試料同時測定可
パルスESR測定における設定パルス数 16  
パルスESR測定におけるパルス幅設定分解能 1ns
Qバンド測定  測定温度範囲 4.2K-200℃
設置場所 A3号館2階⑤室
機器責任者 応用物理学科 豊田新(直086-256-9608 内4291)
お問い合わせ お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話による問合わせ:直086-256-8473 内3242
ページトップへ戻る
Copyright(C) OUS Research Instruments Center All Rights Reserved.