あなたの研究を心よりサポートする共同利用施設

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.086-256-8473
トップページ > 機器紹介 > 核磁気共鳴装置

機器紹介Instruments

核磁気共鳴装置

 概 要Outline

 有機溶媒あるいは水に溶解した有機化合物の主に水素核、炭素核を測定することが可能なFT NMR装置。超伝導マグネット中に置かれたサンプルに電磁波を照射し、サンプルから発せられる電磁波をフーリエ変換することで、有機化合物に含まれる観測核の化学的な環境の違いを調べることができる。一次元NMRと二次元NMRの測定が可能。液体窒素を用いれば、低温測定もできる。また、強力なマグネットを持つことから通常は測定が困難なアセチレン炭素や4級炭素の測定も可能である。

 性 能Performane

名称(略称) 核磁気共鳴装置(NMR)
型番(メーカー) JNM-LA300 (日本電子)
基準磁場 7.05T
基準周波数 1H 300MHz   13C 75MHz
用途 有機化合物の構造解析
   
設置場所 A3号館2階⑨室
機器責任者 バイオ・応用化学科 折田明浩(直086-256-9533 内3975)
お問い合わせ お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話による問合わせ:直086-256-8473 内3242
ページトップへ戻る
Copyright(C) OUS Research Instruments Center All Rights Reserved.