あなたの研究を心よりサポートする共同利用施設

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.086-256-8473
トップページ > 機器紹介 > 液体クロマト質量分析計

機器紹介Instruments

液体クロマト質量分析計

 概 要Outline

 バイオテクノロジーに代表されるペプチド、たんぱく質の分析や薬物・代謝物分析、農薬などの強極性化合物から非強極性化合物まで幅広い分析LC/MSは,ESI,APCIの方法でイオン化した化合物を質量/電荷数(n/z)に応じて分離したのち検出記録し,化合物の分子量およぴ構造に関する情報を得る分析法である。MSの前にLCをつけることでMIXのサンプルをカラムで分離しそれぞれの組成の分子量を分析することができます
 また,UV検出器で検出された信号はMSデータ・システムに送られ,UVクロマトグラムとマスクロマトグラムを同時に表示して,データ処理を行なうことができます。

 性 能Performane

名称(略称) 液体クロマト質量分析計(LC-mate)
型番(メーカー) LC-mate (日本電子)
最高分解能 5,000(半値幅レセルピンm/z609 APCI)
感度APCI レセルピン 50pg S/N 10以上(m/z609 SIM R=750 MeOH 100%)
質量範囲 ~1,500amu(加速電圧2.5kV時)
   
設置場所 A3号館2階⑤室
機器責任者 臨床生命科学科 濱田博喜(直086-256-9473 内4423)
お問い合わせ お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話による問合わせ:直086-256-8473 内3242
ページトップへ戻る
Copyright(C) OUS Research Instruments Center All Rights Reserved.