あなたの研究を心よりサポートする共同利用施設

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.086-256-8473
トップページ > 機器紹介 > 蛍光寿命測定装置

機器紹介Instruments

蛍光寿命測定装置

 概 要Outline

 パルスレーザー光(波長約400nm)を照射し、試料からでる発光を励起波長から800nmの間の多波長(35~130nmの領域)で高速(2×10-12秒~10-6秒毎)に測定し、測定データをコンピュータに転送する。発光強度の時間変化をコンピュータで解析することにより、サンプルの発光の半減期を求めることができる。スペクトルも同時に測定し、10-9~10-6秒オーダーのスペクトルの時間変化も得られる。発光強度の時間・波長依存性の3次元図も作成可能。また、単一指数関数でない減衰の場合でも、コンピュータで解析することにより反応速度定数などのパラメーターを得ることができる。例えば蛍光体から受容体へのエネルギーや電子の移動速度を求めることもできる。

 性 能Performane

名称(略称) 蛍光寿命測定装置(TSUNAMI)
型番(メーカー) Tsunami 3960/50-M2S(Spectra-Physics)
概要 半導体励起Nd:YVO4レーザー(Spectra-Physics Millennia-V)
Ti:Sapphireレーザー(Spectra-Physics Tsunami 3960/50-M2S)
2倍波発生装置(Spectra-Physics 3980-6S)
回折格子制御装置(浜松 C5094)
ストリークカメラ(浜松 C4334)
   
   
   
設置場所 A3号館2階⑥室
機器責任者 バイオ・応用化学科 竹崎誠(直086-256-9506 内4638)
お問い合わせ お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話による問合わせ:直086-256-8473 内3242
ページトップへ戻る
Copyright(C) OUS Research Instruments Center All Rights Reserved.