あなたの研究を心よりサポートする共同利用施設

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.086-256-8473
トップページ > 機器紹介 > X線構造解析装置

機器紹介Instruments

X線構造解析装置

 概 要Outline

1)微小結晶に威力を発揮するハイエンドシステム
2)世界最高レベルの高輝度X線を発生
 人工多層膜ミラー(長尺タイプ)の採用により、高輝度で単色性の高いX線 を得ることが可能。極微小なサイズの単結晶を用いた構造解析に威力を発揮 します。
3)デュアルターゲット搭載(X線の線源をMoとCuで選択可能)
4)ゴニオメータ移動機構&電動カメラ長可変機構
 ゴニオメータの移動機構により、結晶サイズに応じてビーム径を変更可能。
 結晶格子のサイズに応じて、電動でカメラ長を変えることが可能。 
5)生態関連物質から無機材料、鉱物まで、非常に幅広い物質の構造決定に強力な力を発揮します。物質の単結晶 にX線照射して、その回折線の強度を測定することにより、結晶内の原子の配列(結晶構造)を決定することが できます。

 性 能Performane

名称(略称) 分解能可変X線集光ミラー&CCDX線構造解析装置(XRD)
型番(メーカー) VariMax with Saturn(リガク)
X線輝度 フォーカスサイズ70μΦ(31.0kW)
2波長対応 MoとCu(自動切換え)
検出器面積 CCD 72mm X 72mm
機器責任者 自然科学研究所 赤司治夫(直086-256-9721 内3983)
お問い合わせ お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話による問合わせ:直086-256-8473 内3242
ページトップへ戻る
Copyright(C) OUS Research Instruments Center All Rights Reserved.